JR乙川駅から徒歩3分
〒475-0053 愛知県半田市乙川内山町17番地
TEL:0569-23-1491

インプラント

岡戸歯科医院ブログ
お問い合わせ
MOBILE SITE QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます
HOME»  インプラント

インプラントとは

インプラントとは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人工の歯冠(クラウン)を被せる治療法です。
チタン製のインプラントは生体親和性が高く、顎の骨にもしっかりと結合しますので身体にも安全です。


インプラント担当

当院では近藤 雅嗣先生が治療を担当しております。
インプラント担当:近藤 雅嗣先生 コンドウ歯科サイトリンクはこちら>>

手術の流れ

抜歯

抜歯をしてから3ヶ月間に骨の再生を待ちます。
プラークコントロール・歯石除去によりお口の中の衛生状態を高めます。
虫歯や歯周病の治療が必要な場合は、優先して治療を行います。
糖尿病、血圧、骨密度の検査をお願いします。

インプラント手術 (抜歯から3~5ヶ月後)

手術後2~3日は、痛み・出血・腫れがでる場合がありますが、自然に消えます。
手術の翌日と1週間後に消毒に来院していただきます。

仮歯を入れる(手術から2~3ヶ月後) 

仮歯の形をとり1週間後に仮歯を入れます。

このころからインプラントとまわりのあごの骨で、
リモデリングと呼ばれる骨の再構築が始まり、
徐々にインプラントとあごの骨がくっつき始めます。
そのため、安静にし、強い力が加わらないよう注意して過ごしてください。

また、口の中はなるべく清潔に保ってください。

補綴物(冠)をかぶせる(仮歯を入れて1~2ヶ月後)

補綴物の型をとり、仮歯にかぶせます。

メインテナンス

補綴物(冠)をかぶせた後も、必ず定期的なメインテナンスを続けてください。

インプラント手術を受ける方へ

当院ではインプラント手術を受ける前に各種検査及び、治療を行います。

問診と口腔内検査

はじめに問診と口腔内の診察をし、原因を確認します。

噛み合わせ検査

噛み合わせが悪い状態のままインプラントを入れても、噛むたびに偏った力があごに加わることになり
後でトラブルが発生しやすいため、自然で理想的な噛み合わせの位置を調べます。

レントゲン検査

あごと骨の三次元な形状を撮影します。
インプラントを入れるために十分な高さの歯槽骨があるかどうかを調べます。
症状により、詳しい検査を行う場合もあります。

手術前の治療

歯石を除去し、お口の中の衛生状態を高めます。虫歯や歯周病の治療が必要な場合は、最優先で治療を行います。

血液検査

糖尿病・高血圧・骨そしょう症、その他の慢性疾患がある場合、
外科的な処置をして問題ないかどうかを検査します。

手術前日、当日、術後の注意点について

手術前日 インプラント手術を受ける方へ

手術前の注意点
  • 十分な睡眠をとり体調を整えましょう。
  • 食事は普段通りで結構です。
  • 過度な飲酒は控えてください。
  • 締め付けない服装でおいでください。
  • 喫煙者の場合、原則として禁煙をお願いします。

手術当日 インプラント手術を受ける方へ

  • 麻酔後7、2~3時間は唇や舌がしびれた状態ですのでかまないように注意してください。
  • 指や舌で傷口を触らないようにしてください。
  • 手術当日は、入浴・飲食・喫煙は控えてください。
  • 植立したインプラントに、食べ物や、義歯によって力が加わることは避けなくてはなりません。
     上下で噛み合う歯が残っている場合は傷口に食べ物がいかないように注意して召し上がってください。
  • 食事は柔らかいものから徐々に固いものを召し上がるようにしてください。
     骨の形成を助けるためにもカルシウムの多いミルクや魚を多く摂取するよう心掛けてください。
  • 術後の歯磨き、薬の服用は、担当医師の指示に従ってください。
  • 義歯は、指示通りに使用してください
手術後、歯周組織が結合しなかった場合

早期に対応することで再治療は十分にできます。
その際、インプラントは外さなくてはなりませんが歯槽骨の穴は数ヶ月でもとどおりに回復します。
それを待てば問題なく再治療を行うことができます。
歯の清掃や定期的なメインテナンスなど、歯科医院との約束を守っていただくようお願いします。

手術に関する疑問、不快な症状が見られた場合は、担当医師にご相談ください。

PAGE TOP